2014年10月14日 (火)

SikThライブ イン ジャパン 2014

2014.10.11 / 10.12 Shibuya Cyclone

再結成をし10年ぶりの来日を果たしたUKの伝説的カオティックハードコアバンドSikThのライブへいってきました。

Live_01

待望の再来日で、SikThはもちろん、サポートアクトのみなさんもテンションの高い素晴らしい演奏を繰り広げておられあっという間の2日間でした。

Live_02

2日目はGoProを使用してライブ映像をとっていたのでなんらかの形で映像が見れる日がくるのではないかと思います。

Gopro


今回の公演の使用機材について

SikThはギタリスト2人共がDiezelユーザーであり

PinがVH4+412R

Diezel01

DanがHerbert+412F

Diezel02

使用していました。

観客フロアからも「やっぱりDiezelいい音してるな」という感想がきこえたりと、2人とも素晴らしいDiezelサウンドをライブハウスに轟かせてくれました。

PinはDiezelのみならず古くからのBlackmachineのユーザーでもありモリダイラ楽器でBlackmachineの取扱いを開始するということで、今回のツアーに持ってきていた愛用のBlackmachineの写真も撮らせてもらいました!

Blackmachine_01

エボニートップのB2はBlackmachineオリジナルのピックアップを搭載し、ブリッジのサドルをグラフテック製のものに交換してあるようです。

Blackmachine_02

もう1本はマホガニーボディーのものを持ってきていました。

ピックはPinがMax-Grip™ Jazz III REDを、DanがGator Grip® 1.14mmを使用していて、さらにDanはアンプの裏にセッティングしてあったコンパクトエフェクターの中にMXR Dyna Compが接続されておりました。

Diezel03

本人たちもまた日本には来たいと言ってくれていたので再び来てくれる日を楽しみに待ちたいと思います!

                          Y.H

2010年5月28日 (金)

『座頭市 THE LAST』

今日は映画サントラの話し・・・

明日(5/29)公開される話題の映画『座頭市 THE LAST』のオリジナル・サウンドトラックのサンプル盤が届きました!

__
この映画、音楽を弊社とも以前から仲良くしていただいているパーカッショニスト:小林弌氏率いるプロジェクト和豪が担当しておりまして、弊社も楽器面で協力させていただいております。

「大人の事情」で何の楽器が使用されているかは今は明かせませんが、9曲目の「蓮の花 ~虎治の想い~」で幻想的な音色を放っております。

気になっちゃったかたはこのサウンドトラック盤を聴いてみてくださいネ。
絶妙なアンビエント感が素晴らしい作品です。

6月からはこのCDの発売を記念したLIVEツアーが、ドラムに手数王:菅沼孝三氏を迎えて行われるようです。もちろん「秘密の楽器」も使用される予定。こちらも要チェック!

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ