2011年11月29日 (火)

Graph Tech ResoMax Wrap ブリッジシステム。

レスポール Jr. などストップテールピースがブリッジの役目をしているギターってどうしてもオクターブのチューニングに限界がありますよね。まあ、それを犠牲にしてまで、見た目を優先する、もしくは12フット以降は弾かないとか、色々対策や制約があると思われるのですが、今回、TUSQなどで有名なブリッジやサドル、ナットのリプレースメントパーツメーカー、Graph Tech 社からまたまた画期的なブリッジシステムの登場です。

その名も表題の通り、Wrapブリッジです。見ての通り丸みを帯びた滑らかな形はテールピースからの付け替えでも違和感無く、各弦のオクターブ調整が可能になりピッチの安定したギターに生まれ変わります。いいですね~~~~。

Resomaxwrap

御覧のようにニッケル、ゴールド、ニッケルブラック、クロームと幅広くカラーが用意されており、自分のギターにマッチした物を選ぶことが出来ます。



Nw11


更に、同シリーズResoMax NVS シリーズの特性がそのまま生かされており、ギターのハーモニック成分を最大限に引き出し、更に金属ブリッジ特有の音質も残します。そして、劇的に弦の切れを防ぎます。

ResoMax シリーズは軽量かつ耐久性の高い特殊金属ResoMax Alloyによって作られており、U.L.F(Ultra Low Friction) 超低摩擦サドルを標準装備しています。この様にオリジナルResoMax の長所を生かした最強ブリッジに仕上がっています。

また、ResoMax だけのオリジナルシステムAutoLock lockingでは、 磁石によりブリッジをアンカーに固定している為、一切の工具を必要とせずに着脱が可能なので、ストレス無く弦を交換することができます。軽量な ResoMax Alloy のよって作られたブリッジとサドルのコンビネーションにより、粒立ちの良いナチュラルなサウンドが得られます。

更に、3重構造によるメッキは汗や酸化による影響を受けにくく、いつまでも新品同様の輝きを維持します。至れり尽くせりです。こちらのWrap シリーズにはNV1とNV2とがラインアップされています。

NV2はサドル部分にBlack TUSQが使用されているモデルです。価格の方は色によっても違いますが、税込で¥15,750~17,850とリーズナブルです。是非お試しあれ。

2010年8月25日 (水)

グラフテック Reso Max NVS 装着!!!

皆さん、今日もマニアックな話題で行きたいと思います。

以前、このブログでも紹介させて頂きました、チューンオーマチック
用の音質向上グッズ、そうです、Graph Tech 社のReso Max NVS
ブリッジですが、実際どうなの?って事も有り、同社がリリースしている
Reso Max テールピースと共にレスポールにマウントして、音の違いを
確かめてみました。アメリカやカナダなどの北米でも話題になって?おり
向こうの雑誌などではTUNE-O-MAGIC なんてレビューされてました。

過去記事 Graph Tech Reso Max NVS ブリッジ


Cimg1991

まずは、パッケージング。ブリスターなので中身を実際に確認できます。
裏面には、日本語で特徴など「うんちく」が書いてあります。



Cimg1992

パッケージから出した、ブリッジ。こちらは4mm ポストのもの。
6mm ポスト用も有ります。

Cimg1993

こちらが、テールピース。開けてみて思ったのですが、
これムチャクチャ軽い!! です。多分オリジナルの半分以下。
ちょっと、大丈夫かなと思いながらも、期待に胸膨らませて、
いざ、リペアルームへ持ち込み。。



Cimg1994

と言うわけで、こちらがオリジナルのブリッジとテールピース。
ヴィンテージなので、気を使います。



Cimg1998

オリジナルを取り外し、Reso Max を取り付けた所です。
今回は、アンカーの交換はしませんでした。



Cimg2000

弦を張り、弦高調整をしてチューニング。オクターブ調整をして
いざ音だしへ。

じゃりーーーーーーんんん

明らかに違います。まずブライトさが増しています。そしてハーモニック
成分を多く含む感じになっていますね。
そして、サスティーンも上がってる気がします。
それとレスポンスも速くなっている感じです。



Cimg2002

べつ角度からもう一枚。 弦を張ってチューニングをしていて
思ったのですが、コマがとてもスムーズで弦がブリッジで切れる
という事も少なくなりそうです。

ちなみに、アメリカでの雑誌レビューを張っておきます。
英語ですが、かなりの高評価を得ています。

Tune


取り付けは簡単ですし、本体を改造する必要も無いので
皆さんも是非お試しくださいね。

2010年4月24日 (土)

Graph Tech ResoMax NVS ブリッジ

ギターの音質向上には貪欲になりたいものですよね。

巷には沢山の音質向上の為のパーツなどが販売されており、

色々な選択肢が有ると思います。そんな中、Tune-O-Matic が

搭載されているレスポールなどのユーザーに朗報です。

フェンダー系のトレモロやフロイドローズ系のための

バージョンアップパーツは結構沢山出ているんですが

意外とTune-O-Matic 用のアフターパーツって少ないですよね。

そこで、今回紹介しますのはナットやサドル、ブリッジの専門

メーカーのGraph Tech 社のResoMax NVS Harmonick Bridge です。


Resomax_2


このResoMax NVS はギターのハーモニック成分を最大限に
引き出し、更に金属ブリッジ特有の音質も残します。
そして、劇的に弦の切れを防ぎます。
ResoMax NVS は軽量かつ耐久性の高い特殊金属ResoMax Alloy
によって作られており、U.L.F(Ultra Low Friction) 超低摩擦サドル
を標準装備しています。オリジナルResoMax の長所を生かした
最強ブリッジです。

Bluemagnet1_3

ResoMax だけのオリジナルシステム、AutoLock locking 磁石により
ブリッジをアンカーに固定します。一切の工具を必要とせずに着脱が
可能な為、ストレス無く交換することができます。



Bluesaddle1

U.F.Lサドル(超低摩擦サドル)
このU.F.L サドルも同じ金属を使うことにより、ハーモニック成分を
多く含むリッチなサウンドを生み出します。
更に、超低摩擦なため弦の切れを飛躍的に防ぐ事ができます。
また、金属特有の2KHz周辺の音もしっかりと再現されます。



Blueharmonics1

軽量な ResoMax Alloy のよって作られてブリッジとサドルの
コンビネーションにより、粒立ちの良いナチュラルなサウンドが得られます。



Bluefeather1

この ResoMax NVS は軽量な ResoMax Alloy によりできています。
軽量な事により、自然かつ煌びやかなトーンを引き出します。



Blueplate2

3重構造によるメッキは汗や酸化による影響を受けにくく、いつまでも
新品同様の輝きを維持します。



間もなく、発売予定です。



 

2010年4月 2日 (金)

TUSQ XL

本日は、間もなく入荷してきます、グラフテック社の新商品、TUSQ XLを紹介したいと思います。







この、TUSQ XLですが、具体的にTUSQと何が違うかと言うと、
BLACK TUSQと同様に弦が振動したりナットやサドルと擦れる時に、
テフロンのマイクロ分子が産出されます。

つまり弦とナットやサドルの間がとてもスムーズになり、結果チューニングの狂いを
最小限に抑えられるのです。

これは、今までのBLACK TUSQの特徴と同じです。

しかし、BLACK TUSQはその名の通り見た目が黒です。


中には黒は ”いやだって” 方もいらっしゃると思います。


しかし、オリジナルのTUSQにはテフロンが含まれてないし・・・・

そこで、見た目はTUSQ(ヴィンテージカラー)でBLACK TUSQのようにテフロンが
含まれているというように、二つの良い所をとったのが今回のTUSQ XLなのです。

サウンド面でのTUSQとの違いは、若干ミドルがBOOSTされる感じです。

ぜひ、一度試してみてくださいね。
Tusq20xl20big20small1





         

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ