2014年10月14日 (火)

SikThライブ イン ジャパン 2014

2014.10.11 / 10.12 Shibuya Cyclone

再結成をし10年ぶりの来日を果たしたUKの伝説的カオティックハードコアバンドSikThのライブへいってきました。

Live_01

待望の再来日で、SikThはもちろん、サポートアクトのみなさんもテンションの高い素晴らしい演奏を繰り広げておられあっという間の2日間でした。

Live_02

2日目はGoProを使用してライブ映像をとっていたのでなんらかの形で映像が見れる日がくるのではないかと思います。

Gopro


今回の公演の使用機材について

SikThはギタリスト2人共がDiezelユーザーであり

PinがVH4+412R

Diezel01

DanがHerbert+412F

Diezel02

使用していました。

観客フロアからも「やっぱりDiezelいい音してるな」という感想がきこえたりと、2人とも素晴らしいDiezelサウンドをライブハウスに轟かせてくれました。

PinはDiezelのみならず古くからのBlackmachineのユーザーでもありモリダイラ楽器でBlackmachineの取扱いを開始するということで、今回のツアーに持ってきていた愛用のBlackmachineの写真も撮らせてもらいました!

Blackmachine_01

エボニートップのB2はBlackmachineオリジナルのピックアップを搭載し、ブリッジのサドルをグラフテック製のものに交換してあるようです。

Blackmachine_02

もう1本はマホガニーボディーのものを持ってきていました。

ピックはPinがMax-Grip™ Jazz III REDを、DanがGator Grip® 1.14mmを使用していて、さらにDanはアンプの裏にセッティングしてあったコンパクトエフェクターの中にMXR Dyna Compが接続されておりました。

Diezel03

本人たちもまた日本には来たいと言ってくれていたので再び来てくれる日を楽しみに待ちたいと思います!

                          Y.H

2013年10月26日 (土)

Orange Amp が乳がんキャンペーンの為にピンク色に

イギリスで最も有名なアンプ・メーカーの1つ、Orange Amplificationがピンク色に?

T2ec16fhjhofglfd7bsurtoc60_12

ただ今海外のオークションサイトで世界で唯一、ピンク色のCR20LDXがオレンジより出品されています。

これは乳がんと戦っている人、乳がん治療のために研究をしている機関を助けるためです。

オークションで落札された金額の全てはブレスト キャンサー リサーチに寄付されます。

イギリス標準時間の10月25日 9:00 am~7日間がオークションの期間です。

オークションページ
Orange Crush PiX CR20LDX in Pink (For Breast Cancer Campaign)

世界的に有名なブランドがこのような活動を行うことで多くの人に知ってもらうことが出来ます。
その事により世間の問題意識が少しでも上がるので、非常に有意義な活動だと思います。

Orange Amplification Turns Pink for Breast Cancer Campaign     


 

2013年8月24日 (土)

Paiste facebookフォトコンテスト開催!!!

Image004

2014年カリフォルニアで行われる世界最大の楽器ショー:Winter Namm Showにて
Paisteブース、『栄光の壁』の一員に!!
そしてスイスにあるPaisteファクトリーへの旅を勝ち取りましょう!!

コンテスト参加方法

1.まずはPaisteオフィシャルfacebookページをいいね!して下さい。

そして #PaisteFanAppreciation のハッシュタグを付けて、

ご自身のPaisteシンバルセッティング写真(2MB-300dpi以上)を直接Paisteオフィシャルfacebookページへメッセージ、またはウォールに投稿して下さい。

 

2.写真の投稿の際に、何年Paisteを使い続けてきたかとサウンドの最も気に入っている部分はどこかという事のメッセージを添えて、セッティングを簡単に説明(シリーズ、モデル、サイズ)して下さい。

 

コンテストルール

上記の1、2を実行して下さい。

1つの投稿で1人の参加を受け付けます。もし他にもシンバルのセットアップをお持ちであれば別でもう一度エントリーして下さい。
写真には「ご自身がお持ちのセット」という事と「所有者が写っている」という事が重要です。

下記写真を参考にして下さい。

Contestnamm2014_21 
かっこいい写真であればあるほど、その写真にいいね!が付けば付くほど、優勝のチャンスが広がる!!!

※米国西海岸標準時刻の2013年12月5日PM5:00までの投稿が有効です。

 

結果発表

多数のPaisteアーティスト、及びPaiste社 社員によって選考され2013年12月12日に発表されます。

 

優勝

スイス、ノットヴィルにあるPaisteファクトリーにご招待。

1名の航空券、ホテル3泊分の費用を含みます。 

Photo 
準優勝

お好きなSignature 《Precision》 シンバル1枚

2 

第3位

PST8 Reflector Universal Set (14/16/20)

Pst8 

第4位~10位

お好きなPaiste Tシャツ1枚

Tshrt 

上位40名
いいね!の数と、選考結果で選ばれた上位40名は2014年のWinter Namm Show Paisteブースにて『栄光の壁』としてセッティング写真を用いたグラフィック・ディスプレイが展示されます!

これは楽しみな企画です!全世界対象というスケールの大きなコンテスト、是非参加してみて下さい。

Paisteのfasebookページをチェックしておけば世界中のPaisteフリークの写真を見る事ができるでしょう。
みんなの写真をチェックするだけでも参考になりますし良い企画ですね!
みなさんこの企画を楽しんでください!!

                          (H)

注意 

応募は18歳以上の方限定。

Paiste社 社員とその家族、Paisteアーティストは応募できません。

参加者は参加を以て、投稿された情報、写真等のすべての権利を無期限にPaisteが有する事に同意したとみなします。

予告なく何らかの理由で参加者を失格とする事があります。

投稿する写真はオリジナルなものでいかなる権利も侵害していないこ事が条件です。

Paisteは公然良俗に反する投稿、Paisteのイメージを傷つける内容の投稿を削除する権利を有します。

2013年6月 8日 (土)

6/5 HELLOWEEN & GAMMA RAY 公演潜入

2013年6月5日 Zepp 東京で行われましたHELLOWEEN  special guest: GAMMA RAY [HELLISH ROCK II] に潜入してきました!

いつものことながら当ブログではアーティスト機材に焦点を当てご紹介させて頂きたいと思います!(゜-゜)

まずはHELLOWEENの不動のベーシスト Markus Grosskopf !!!
彼はSandbergの愛用者なのです。

終演後に写真を撮らせて頂きました。

Rdscn1820

終演後の食事中に話しかけたにも関わらず快く対応してくれ、アーティストとしての説明はもはや野暮ですが、
人格者であり、素晴らしい方だと感じさせられました。
タイミングが合わず、愛用のSandbergとの2ショットは撮影できなかったのですがお話を聞くことができました。

この日本ツアーにはマーカス所有Sandbergコレクションの7本から2本を持ってきているそうです。
Jazzタイプのピックアップが大変気に入っているそうで今回の日本ツアーでもそのバージン・ホワイトとブラックを場面によって使い分けていました。

品番で記述するとSandberg CATT4になります。

日本には今回持ってこなかったが、ドイツ本国にあるベースの中には5弦等もあるそうです。
ちなみに使用している弦はJim Dunlop製の弦です。

マーカスは長年使用しているSandebergのベースを大変信頼しているようで、

チューニングが安定している、音も素晴らしく抜けが言い! と力強く語っておられました。

親交のあるSandbergの創設者・オーナーであるHolger Stonjekは昨年に来日しています。
その際に撮影をした、ホルガー自ら商品説明をしてくれている動画を楽器.meさんがウェブ・アップしてくれています。
是非そちらの特設ページもご覧ください。



場面が変わって…

Rdscn1813

このかっこいいアングル!で撮影されているセットの使用者はHELLOWEENのドラマー/Dani Loble !!
ダニはこのライブの数週間前にPaisteの工場に行ったらしくその時に当社の海外関係担当者の話をしたみたいで

お会いした際に喜んでくれていました。

そして使用シンバルはすべてPaiste
左側

Rdscn1809

右側
Rdscn1810

全体

Rdscn1812


今回の日本ツアーDani Loble使用シンバル

Paiste Signature Line

Power Crash 18" ×2

Full Crash 18" ×2

Full Crash 19"

Full Crash 20"

Heavy Hihat 14"

Dark Crisp Hihat 14"

Full Ride 20"

Heavy China 18" ×2

Thin China 18"

以上です。シグネーチャーで揃えられたシンバル類は壮観ですね。

比較的に厚めのシンバルで統一しつつもThin Chinaという薄めのエフェクトでアクセントを付けています。

みなさん気づかれましたか?

1枚だけ白いのが混ざっている事に!


Rdscn1814


Rude PROTOTYPE

Daniはヨーロッパのライブではすべてのシンバルをホワイト・コーテッド、

すべてのハードウェアをブラック・コーテッド、全てのドラムシェルを白塗りにして使用しているそう!

日本でもいつか見てみたいですよね!!



そしてGAMMA RAYのドラマー/Michael Ehre !!!!
マイケルもPaisteアーティストです。


…、しかし大変申し訳ありませんがタイミング合わずセットやシンバルの写真は撮影できませんでした…。残念!

しかし使用シンバルのリストは紹介させて頂きます。


今回の日本ツアーMichael Ehre使用シンバル

Paiste 2002

Heavy Hihat 14"

Sound Edge Hihat 14"

Splash 11"

Heavy Ride 20"

Splash 12"

Midium 16"

Crash 17"

Power Crash 18"

Rock Crash 17" (廃盤)

China 20"

Dimensions Thin China 18" (廃盤)

Signature Thin China 16"

以上のシンバルを今回の日本ツアーで使用しております。

マイケルにPaisteの良さを聞きましたところ、
「僕は2002とRudeを主に使っているんだけど、とにかく音がクリア且つラウド! 本当に最高だよ!
他のシンバルには移れないよ! シンバルを鳴らした時に…(エアーシンバル叩きのあとに驚きの表情)本当に気に入っている!」

と興奮気味に話してくれました。

私たちもそういう意見を頂くと嬉しく思いますし、日本で一人でも多くの方にPaisteの素晴らしさを伝えて行かなければならないと強く思います。

そしてダニとマイケルの2ショット写真を撮りたくお願いしたところ、お二人の優しさで当社社員も写りこんでしまいました。
恐縮ですが掲載させて頂きます。

Rdscn1818
左から Dani、当社社員、Michael

二人とも高身長で存在感があります。

しかしとても気さくで、話している間も笑顔が絶えませんでした。

そんな気さくな二人が当社海外関係担当者とも写真をとったのですが…、


Rdscn1819jpg


なんかちょっと違和感…。

これ、写真を撮ろうという時にダニがニヤニヤしながら靴を脱ぎだしたのです。

??   膝をつくダニ

あら不思議! 当社社員とほぼ同じ身長に!!!

爆笑しながらそれに続くマイケル。

撮影後も写真を見て爆笑していた二人。必ずメールで送ってくれ!と最後に言っていました。

オチもつきましたところで…。

                                                                         (Fujino、H)

2010年12月22日 (水)

Graph Tech 社と共に自然保護活動。

皆さん、今日はちょっと変わったご報告。

TUSQ や、String Saver また Reso Max など以前このブログでも紹介した
ナットやサドル、ブリッジなどのパーツメーカーのGraph Tech 社が、弊社の
売上の一部をWWF Canada を通してアジア象(Asian elephan) を乱獲から
保護し、そして森林伐採などで生活の場を失ってしまった彼らが安心して
住める森を再生する為に使われるプロジェクトに寄付いたしました。

象牙の乱獲を防ぐ為にもTUSQを開発したりと、もともと自然保護などの
問題に取り組んで来たGraph Tech 社。今回この様な形で少しでも力に
なれた事を嬉しく思い、報告いたします。

12_4

こちらがWWFより送られてきた証明書です。

101220_2

この様な簡単なパンフレットも同封されておりました。



1

更には、アジア象のぬいぐるみと、一緒にオリジナルのポーチに
収められていました。

今後も、機会があればこの様な活動に参加して行きたいと思っております。

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ウェブページ