2010年10月15日 (金)

行って来ました!「シンセサイザー・フェスタ 2010」

いやぁ、濃いっ! シンセだらけの2日間シンセサイザー・フェスタ 2010』。

西新宿の廃校になった小学校を利用した施設:芸能花伝舎にシンセ関係の各メーカーや出版社、インディーズレーベルなどの団体が終結し、電子音が飛び交う異空間を創り出しておりました。

貴重なヴィンテージ・シンセなんかも並べられててツマミ・フェチは萌えまくり!

Img_0116

下の写真は各メーカーが出展する元体育館です。
天井のハリにバスケットボールが挟まってる、なんてことはありませんでした。
Img_0115

前回の記事でお伝えしたとおり、我々も moogeigenharp を両脇に抱えて突入。

Img_0120

見てのとおり狭いブース(汗)ですが、次世代コントローラー「アイゲンハープ」はみなさんの興味をそそったようで、多くの方にイヂっていただきました。

Img_0110

2日目に行われた、氏家克典教授によるアイゲンハープ・セミナーは完全に学校の授業さながら。
こんな楽しい授業なら筆者も出席数不足で職員室に呼び出されることもなかったろうに・・・(涙)・・・と感慨深くなりましたとさ。

Img_0122

以上、マニアックイベント・シリーズ第2弾シンセフェスタ 2010の出展報告でした。

次のマニアックイベントは来週末に控えているドラムマガジン・フェスティバル 2010
いまから鼓膜を鍛えておかないとエライことになりそうです。

Imghrm1
Imghttl1
 

2010年10月 8日 (金)

eigenharp シンセフェスタ 2010 参戦!

Tl3

先日の『サウンドメッセ in 大阪』をはじめ、今年は『楽器フェア』『楽器フェスティバル』が開催されない分、マニアックなイベントが目白押し!

そのひとつが今週末、東京・新宿で開催されるシンセサイザー・フェスタ 2010

我々モーグアイゲンハープを担いで参戦いたします !!

しかもアイゲンハープは公のイベントへの登場は初めてのようなものなので、日曜日の16時からは日本シンセ界の重鎮:氏家克典氏によるセミナーを開催します。

アイゲンハープを実際に手にとって見ていただける貴重な機会ですので、是非ともご来場ください!
モーグアイゲンハープに限らす、各メーカーから最新のミュージックツール達が出展いたします。 「新しい音」に飢えている皆様には絶対おすすめできるイベントです!


そんなこんなで、アイゲンハープをプロデュースしている英アイゲンラブ社より最新動画が届いておりますので、お楽しみください。 アイゲンハープ・・・面白いっす。

 ↑ 7月に来日してくれた彼、みるからに上達しちゃってます。

2010年7月10日 (土)

Eigenharp ベールを脱ぐ!

ここのブログでも度々やんわりと触れてきましたが、次世代デジタルミュージックツールとも呼ぶべき革新的なコントローラ「アイゲンハープ」が国内の市場への流通が始まりました。

先だって楽器流通関係、出版関係、音楽製作関係の方々向けに行われた“アイゲンハープ発表会”の模様を抜粋して収録したビデオが楽器.meに紹介されました。

英・アイゲンラブ社から2名のスタッフが来日してメーカー自らの製品説明&デモンストレーション。日本シンセサイザー・プログラマー協会副理事長・・・と言うよりは“日本のシンセ界の重鎮”、氏家克典さんの司会も相まって来場者の方々にアイゲンハープの魅力が充分に伝わる発表会でした。

また、翌日にはMUSIC TRACKの動画取材で「アイゲンラブ社 vs 氏家克典」が再開。
アイゲンハープの使い方など分かりやすく解説してくれてます。

今までは「謎の楽器」的扱いをされることが多いアイゲンハープでしたが、こうやって使い方を解説されるとアイゲンハープの本質があらわになっていろんな可能性が見えてきますネ。

その表現力・・・無限大っす!

2010年6月25日 (金)

eigenharp ニコ動“生放送”に出演決定!

輸入楽器の取り扱いが多いモリダイラ楽器。動画ネタはどうしてもYouTubeネタばかりになってしまいがちですが、以前にもこのモリダイラ・ブログでご紹介した次世代デジタルミュージック・ツール“アイゲンハープ”がニコニコ動画でデビューすることとなりました。しかも生放送!!

で、その番組の名は・・・
Logo1

今週の日曜日(6/27)16:00~18:00に放送されます。
この番組内の「音鳴る科学!スモールガジェットオーケストラ」というコーナーでアイゲンハープPico”が活躍する予定です。

国内正式発売直前の次世代ツール“アイゲンハープ”の魅力を感じ取れる放送になると思います。見逃すテは無いっすね。

詳しくは上の番組ロゴをクリックして番組特設サイトを御確認ください。

Groupshot2
↑ 写真は最上位機種“Alpha”。 ニコニコ生放送にはお手軽モデル“Pico”が出演します。

音で楽しむ創作番組“あそビバーチェ!”

2010年5月 8日 (土)

謎多き楽器“EIGENHARP”

Picobig1 ある時は管楽器のようであり、またある時は鍵盤楽器のようであり、リズムセクションやシーケンスを自在にあやつるヘンチクリンな電子楽器「アイゲンハープ」がYouTubeを中心に話題を集めています。

パッと見「ウィンドシンセ?」と思わせるルックスですが、とんでもございません。
まったくの新しい楽器・コントローラーです。
大きさ・機能別に3機種発表されてます。

本体には無機質に並べられた幾つものキーとリボンコントローラ、マウスピースが付いているだけですが、モードを切り替えることにより、キーひとつひとつに様々な機能がアサインされ、鍵盤としての役割を持たせたり、音色切替、リズムのコントロールなどを操作します。

また、個々のキーには、押さえる強さによるベロシティコントロール、アフタータッチコントロール、キーを傾けることによるコントロールができ、モジュレーション、ピッチベンド・・・様々な表現力を持たせられます。

とりあえずYouTubeのビデオを御覧になり、この楽器の可能性を探ってみてください。
「21世紀の楽器」を目の当たりにしてください。

その他の関連ビデオはコチラから。

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ