2015年3月31日 (火)

WHITE ASH のび太さん & 山さんGHS弦インタビュー!!!

GHS GUITAR BOOMERSはプロ、アマ問わずそのパワー感溢れる出音でリピーターが多いGHSのフラッグシップシリーズです。

 

その中でもここ近年、BOOMERS David Gilmourシグネチャーの人気が高まっています。

これはPink Floyd のギタリスト: David Gilmourの為に開発された、BOOMERSを用いて特別にセット組みをした製品です。

Gilmourシグネチャーには、
レスポール用 : GB-DGG

Dgred1



ストラト用     : GB-DGF

Dgblue1



の2種類がラインナップされています。

 

ミュージシャンの中では通常のBOOMERSからその独特の組み合わせを求めてDavid Gilmourシグネチャーに切り替える方が増えてきています。

使用ミュージシャン一覧へのリンク

WHITE ASHののび太さん(Vo,G)、山さん(G)もその中の1人で、都内某所にてリハーサルを行っているという噂を聞き付けましたので突撃インタビューを敢行して来ました。

嘘です。ちゃんとアポを取った上で応じて頂きました。

 

モリダイラ楽器社員H(以下H) : 「お疲れ様です!お忙しい所申し訳ありません。今日はご使用の弦についてお話を伺いたくお邪魔致しました。宜しくお願い致します!」 

のび太さん & 山さん「全然大丈夫ですよ!何でも聞いて下さい。」

H「(なんて良い人達なんだ…) 有難うございます!では早速…、現在お二人はGHSのGB-DGFを使用されていますが、それ以前はどの様な弦を使用されていたのですか。」

山さん「 最初は楽器屋さんで良く売っている他社メーカーの物を使っていました。」

のび太さん「大学在籍中からギターを始めたのですが、他社メーカーの普通のゲージの物を使用していました。」

H「では他社メーカーの物から現在使用の弦、GB-DGFに変更した経緯を教えてもらえますか。」

山さん「2年くらい前にもっと自分に合っている弦はないかと思い、GHSも含め様々な弦を試している時期がありました。その中でGHSが良いかなぁと思うようになってきてはいたのですが、もう少しパワーがあれば…という感じでした。そこで低音弦が少し太くなっているGB-DGFを勧められて試したんですけどこれがバッチリで、凄くパワーのある音に感じました。それでのびちゃんにも勧めました。」

のび太さん「それで僕も使ってみたのですが1音1音クリアに音が出て、凄く感動した覚えがあります。」

H「そうだったんですね。そう言ってもらえるとGHS輸入代理店として非常に嬉しいです!その他音色についてどのようなところが気に入っていますか。」

山さん「音が太くて気に入っています。僕はテレキャスターを使っていて、ジャキジャキと弾くことも多いのですがそこもしっかりついてきてくれています。」
のび太さん「クリーントーンでも歪ませた時でも、弾いていて凄く心地良いです。」

山さん「僕たちの曲はパワーコードを使う事が多いのですが、その時にずっしりと音が出てくれるので良いです。」

H「そうですか、有難うございます。耐久性はどうですか。」

山さん「全然問題ないです。」

のび太さん「問題ないです。あと1度しっかりとチューニングするとなかなか狂わないので良いです。まさに理想の弦のような感じです。」

…ここでインタビュー時間が終わってしまう。

H「今日はお忙しいところ、お話しをして下さり有難う御座いました!」

のび太さん & 山さん「こちらこそ有難う御座いました!」

 

と、短い時間でしたがお二人にインタビューをさせてもらいました!

最後に写真も撮影させて頂き、終始気さくに快く対応して下さいました。
本当に有難う御座います!

 

Dgf

お二人と同じように、もう少し音に重みが欲しい、1音1音クリアに出したい等、新しい弦を試してみたいと考えているなら是非色々な弦を試してみて下さい。もちろんGHSも!!

 

 

(H)

2014年10月14日 (火)

SikThライブ イン ジャパン 2014

2014.10.11 / 10.12 Shibuya Cyclone

再結成をし10年ぶりの来日を果たしたUKの伝説的カオティックハードコアバンドSikThのライブへいってきました。

Live_01

待望の再来日で、SikThはもちろん、サポートアクトのみなさんもテンションの高い素晴らしい演奏を繰り広げておられあっという間の2日間でした。

Live_02

2日目はGoProを使用してライブ映像をとっていたのでなんらかの形で映像が見れる日がくるのではないかと思います。

Gopro


今回の公演の使用機材について

SikThはギタリスト2人共がDiezelユーザーであり

PinがVH4+412R

Diezel01

DanがHerbert+412F

Diezel02

使用していました。

観客フロアからも「やっぱりDiezelいい音してるな」という感想がきこえたりと、2人とも素晴らしいDiezelサウンドをライブハウスに轟かせてくれました。

PinはDiezelのみならず古くからのBlackmachineのユーザーでもありモリダイラ楽器でBlackmachineの取扱いを開始するということで、今回のツアーに持ってきていた愛用のBlackmachineの写真も撮らせてもらいました!

Blackmachine_01

エボニートップのB2はBlackmachineオリジナルのピックアップを搭載し、ブリッジのサドルをグラフテック製のものに交換してあるようです。

Blackmachine_02

もう1本はマホガニーボディーのものを持ってきていました。

ピックはPinがMax-Grip™ Jazz III REDを、DanがGator Grip® 1.14mmを使用していて、さらにDanはアンプの裏にセッティングしてあったコンパクトエフェクターの中にMXR Dyna Compが接続されておりました。

Diezel03

本人たちもまた日本には来たいと言ってくれていたので再び来てくれる日を楽しみに待ちたいと思います!

                          Y.H

2012年3月12日 (月)

新企画! 「いいね!モリダイラ」はじめます。

2012年3月も中旬に入り、徐々に気持ちが高揚する春が近づいてきました。

新しい環境に移りゆくドキドキ・わくわくな気持ち。良いですよねー。

学校生活、就職、様々なスタートが多い春ですが、新しいことを始めるときにはポジティブな気持ちを持って臨みたいですね。

そんな中、春の訪れに先駆けモリダイラ楽器が新企画を開始します!

「いいね!モリダイラ」と銘打ち、facebookを使いプレゼントキャンペーンを始めます!

そして記念すべき第一回目のプレゼント商品は…

Electricguitarstringsnickelwoundalt

画像の商品、Jim Dunlop製エレキギター弦を18名の方にプレゼントします!

DEN0942という品番のニッケルワウンド弦です。

ゲージは1弦から順に、09 11 16 24 32 42 となっております。

ダンロップ弦は自社工場で徹底的な品質管理のもと生産されています。詳しくは下記動画(日本語字幕付き)をご覧ください。

肝心なプレゼント応募方法は、当社facebookページを「いいね!」して頂いた上でウォール上のキャンペーン記事の指示に従ってください。

「いいね!モリダイラ」はプレゼントを変え、継続的に続ける予定の企画です!

当ブログ当社facebookページ当社twitterを定期的にチェックし有用な情報を手に入れて下さい♪

それではご応募お待ちしております。乞うご期待…。(H)

2011年5月20日 (金)

John Petrucci シグネチャーピック!

徐々に気温も上がりつつある今日この頃。アメリカはジム・ダンロップ社より熱いニュースが飛び込んでまいりました。

まずは画像を御覧くださいまし。

Jppick11

ファンのかたなら垂涎モノですね。

そうです。ドリーム・シアターのジョン・ペトルーシのピックです。

以前からジョンは Jim Dunlop の JAZZ III ピックのユーザーとして知られていましたが、とうとう(ようやく?)シグネチャーピックの商品化にジム・ダンロップ社が動き始めたようです。この夏の発売を目標にしているようですが・・・なにせ海外のメーカーのやることですので、気長に待ったほうがよいかも知れません。

ドリーム・シアター自体は新ドラマーも決まり、今後の動向が注目されている中ですが、シグネチャー商品が出てくるということはバンドが動きはじめている証拠。今後の予定に不安の多いアーティストのシグネチャー商品は出さないですからネ。多分。

続報に乞うご期待!

2010年9月16日 (木)

この秋オススメ! 衝撃映像

先日までの猛暑がウソだったかのように涼しくなってきましたねぇ。

そんなさなか、アメリカより身の毛もよだつ衝撃映像が送られてきましたのでご報告いたします。
ま、とりあえず以下の2つの動画を見てくださいナ。

未確認情報ですが、楽器をケースに入れた状態で高いところから落下させる「肝試し」が全米で大ブームだそうで、この動画のような風景がアメリカのどこの家庭でも、極当たり前に見られたそうです。

この遊びが太平洋を渡って日本でブレイクする日も近いと思います。
が、今皆さんがお持ちの楽器用ケース、大丈夫ですか?

上の動画で、見事に中のギターを守ってくれているケース、“スゴイ”と思いません?
世界の優秀な楽器関連商品を日本のユーザーにお届けすることを「ナリワイ」としている我々としては、「いったいどこのメーカーで作られているケースなんだ?!」と必死で探しました。

・・・で、見つけました! 検索するまでもなく !!

我々が既に輸入代理店を務めている Reunion Blues (日本国内では「ラニオンブルース」って呼び方で親しまれています)の商品でしたぁ! 動画にもロゴ入ってるし・・・。

 

 

 

なんだかウサン臭くなっちゃいましたが、以下 製品ラインナップのご案内・・・

Rbg1electrichq01_2Rbg1ssemihollowhq01

RB-G1 : 動画でも活躍していたエレキギター用 定価¥25,200(税込)

RB-G1S : セミアコ・エレキギター用 定価¥25,200(税込)

Rbb4basshq01

RB-B4 : エレキベース用 定価¥25,200(税込)

Rba2dreadhq01 Rbc3classicalhq01

RB-A2 : アコースティックギター(ドレッドノート)用 定価¥25,200(税込)

RB-C3 : クラシックギター用 定価¥25,200(税込)

Rbas1saxhq01

RB-AS1 : アルトサックス用 定価¥18,900(税込)

Rbct1trumpethq01

RB-CT1 : トランペット用 定価¥12,600(税込)

Rbct3triptrumphq01

RB-CT3 : トランペット x 3本用 定価¥21,000(税込)

Rbpsslstickslinghq01

RBPS-SL : ドラムスティック用Sサイズ 定価¥9,450(税込)

Rbpsxlstickbaghq01

RBPS-XL : ドラムスティック用Lサイズ 定価¥12,600(税込)

以上、10アイテム、9月下旬日本上陸予定です。

ちなみに内装はこんな ↓ 感じです。

Rbct1interior  Rbct3interior_2

Rbpsinterior

来るべき『楽器ブン投げ』ブームへの備えはもちろんですが、日常のちょっとしたアクシデントから大事な楽器を守ってくれるケース・・・安くは無い商品ですが、愛器のためにここはひとつ・・・。

あ、ここまで書いておいてナニですが、くれぐれも動画のマネはしないように!
楽器の絶対の安全は保証できませんので。あしからず。

デジマートで探す
楽器.meで探す

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ウェブページ